植毛の種類と各々の特徴

頭皮に対して直接毛を植え付けて毛量を増やすことを植毛と呼びますが、人工毛と自毛の2つからなり人工の場合は合成繊維が素材となって採用されており、自毛は現時点で生えている自分の頭髪を活用します。人工毛は全てが抜け落ちてしまっている方でも実行できる方法である上に、植毛できる量に制限が無いことから薄くなっている部分の頭皮を確実にカバーさせられます。原材料はポリエチレンなどですが、人工血管にも採用されている素材なので安全性に長けており、手にしても自然な毛と見分けられないほど高い完成度を誇っています。ただし、見た目に優れていても人体にとっては異物と認識されてしまうことから、場合によってはアレルギー反応といった副作用に見舞われてしまう恐れもあります。

一方、今日における植毛の方法の中で一般的になっているのがまだ残っている部分の頭髪を移植する方式です。量が限られているものの、自分の髪の毛を使用するのでアレルギー反応などの副作用のリスクが無いのが魅力です。しかも、施術が完了した後は元々生えていたように伸びていくので、本人でさえ施術を行ったことを忘れてしまうほど自然な仕上がりになります。頭皮ごと切り取り患部に対して貼り付けるというやり方で植毛を進めていくので難しい作業であることには変わりないものの、定着率は90%にもなるためトラブルや失敗に見舞われるリスクはとても低いです。

また、入浴時にシャンプーを行っても問題無く、清々しくバスタイムを楽しめます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.