どんな植毛にするかを考える

薄毛で悩んでおり、クリニックへ行くことを決意している人は、ちょっと待ってください。ヘアケアの方法を変えたり、シャンプーを変えたりしても無理ならば、確かに医療の力が必要です。問題は、植毛する場合、どんな方法にするかです。人工毛や自毛を選ぶことができます。

おでこの方から薄くなっており、後ろの方は髪の毛がまだあるのならば、自毛にしてみませんか。自分の髪の毛ですから、触り心地も、見た目も全く違和感がありません。かつらよりも違和感がないとは言え、なるべく違和感がないほうが良いと思いませんか。人工毛もクオリティが高くなっていますが、自毛にはかないません。

また、自毛植毛のメリットはメンテナンスが楽です。自分の髪の毛ですから、最初はもちろん治療費が必要ですが、その後は普通に生活を送れますし、特別なメンテナンスは必要ありません。自毛植毛なら、髪の毛を再生させることができるので、その後は他の髪の毛と同じように生えます。人工毛ではこのようなことがありません。

ただし、また手術しなくてはならない可能性はあります。自分の髪の毛を使っていますが、薄毛を止められるわけではないので、また薄くなることもあります。植毛もメリットやデメリットがあるので、どんな方法が良いのかを考えないといけません。治療を受ける前に自分なりに考えておいて、クリニックで良く医師と相談しましょう。

自分にとって一番良い方法を選んで、後悔しないようにしてください。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.