自毛植毛のコストパフォーマンス

薄毛をカバーするために、最近では内服薬による治療方法が行われていますが、内服薬の場合、いつまで薬を飲み続ければよいのかということが問題になってきます。特に男性型脱毛症の場合、薬を中断すると再び薄毛が進行する可能性が高いと言われているので、長期的に服用することになります。もしも、通院しているのであれば、それだけコストがかかるということが予想されます。そこで、自毛植毛という植毛技術であれば、高いコストパフォーマンスで薄毛をカバーすることができるかもしれません。

この自毛植毛は最初の施術代に関してはかなりまとまった費用がかかりますが、施術は1回、もしくは2回くらい行えばよいだけであり、メンテナンスの必要もほとんどないので、定期的に通院する必要がありません。ですから、長期的にみれば、コスト面で有利であるということがいえます。また、薬を服用する必要はありませんから、副作用の心配もありません。自毛植毛の施術に関しては、主に後頭部の毛を採取して、それを髪の毛が薄くなって地肌が見えている部分に植毛するという方法で行っていくことになりますが、時間としては短時間で済ますことができます。

多少傷跡は残りますが、時間の経過とともに目立たなくなっていきます。また、後頭部に髪の毛が生えてくれば、傷跡もほとんど見えなくなります。費用に関しては、どの程度の髪の毛の本数を移植するのかということで変わってきますから、まだそれほど薄毛が進行していない状態であれば、30万円くらいの費用で自毛植毛を行うことができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.