自毛植毛と痛みについて

自毛植毛は、後頭部等から採取した髪の毛を1本ずつ頭皮に植えていく方法です。頭皮に髪の毛を植えるというのは、痛みを伴うのではないかと不安に感じる人も多いでしょう。ですが、施術は麻酔をした状態で行います。ですから、痛みを感じなながら施術を受けるという事はなく、痛みが苦手という人でもリラックスして施術を受ける事が出来ます。

自毛植毛の場合、植える為の髪の毛を、後頭部等、髪の毛が多く残っている部分から採取していきます。その際、毛根ごと皮膚を切り取り、周辺の皮膚を縫合していく事になります。皮膚を切り縫合をするといえば、痛そうなイメージを持つ人も少なくありませんが、麻酔をした状態で行う為、採取時も痛みを感じるという事はありません。麻酔が切れると、痛みが出てくるのではないかと不安になる人もいますが、麻酔が切れた途端に耐えられない痛みが襲ってくるという事は殆どありません。

ただ、後頭部の皮膚を切り取り縫い合わせている場合、後頭部の皮膚に違和感を感じる事になります。痛みを感じるというよりも、皮膚が引っ張られる、皮膚が突っ張るという感覚が残る程度で、抜糸までは違和感を感じやすくなりますが、痛みを我慢するというような状態ではありません。自毛植毛は施術の方法だけを聞くと、痛そうというイメージを持つ人は少なくありません。ですが施術は麻酔をして行う為、痛みを感じる心配はないだけでなく、麻酔が切れても痛みに悩まされる事は殆どありません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.