医療かつらは3種類あります

医療かつらは病気治療のため抜けてしまった場合、事故により毛髪がところどころ無くなってしまった場合に使用します。主に女性や子どもに多く使用されています。医療かつらは一般的なかつらとは少し違います。違う点の一つとして、価格です。

一般のかつらは美容目的ということもあり、髪型もバリエーションに富んでおり、安価です。一方医療かつらは頭皮に直接あたるため、皮膚にもやさしいものが使われています。そのため価格も高くなります。医療かつらは大きく分けて3つあります。

合成繊維を使用した人工毛、人毛に特殊な加工をし手入れを楽にしたもの、人工毛と人毛のミックス毛です。どれも、それぞれに特徴がありますが、一番自然に近いのは人毛です。人毛は耐久面でも優れており、カットやパーマをすることができ、ドライヤーを使用することもできます。自然に近いので手入れに時間がかかります。

人工毛はどちらかというと一般のかつらのような手触りで艶があります。髪型も決められたものから選ぶことが多く、耐久性も若干劣ります。価格は低めです。ミックス毛は人毛と人工毛の良いところを用いたタイプで、手入れが一番楽です。

ロングヘアの物を選んでおくと、あとあと自分で好きなように切ることもできます。3つに共通するのは、手入れには専用の液体を用いて汚れを落とすという点です。かつらを着用する際も頭皮を守るためネット帽をかぶるようにします。選ぶ際、頭皮部分に人工皮膚がついているかも見ると良いでしょう。

人工皮膚の場合、より自然に見え、分け目も気にしなくてすみます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.