脚光浴びる医療かつら

かつらには、おしゃれを楽しむためのものと、医療用として使われるかつらの2種類があります。そのうち医療かつらは需要が伸びています。医療の分野では最近がん患者が増えていますが、がん患者の多くは、抗がん剤の治療を受けます。この治療の副作用として、髪の毛の脱毛が起きます。

症状の激しい人は大半が抜け落ちてしまうので、女性にとっては由々しき問題です。これを防ぐために医療かつらが使われるわけです。医療用ですから頭皮の保護という点に配慮がおかれ、人毛に近い繊維または人毛そのものが使われます、人毛に近い繊維は高品質耐熱繊維が使われ、価格面でおしゃれ用よりは高くなっています。こうした医療かつらを一般的に医療用ウィッグと呼んでいます。

医療用ウィッグはファッション用ウィッグに比べ敏感な肌でも刺激が少ない、通気性に優れている、人毛に近い高品質耐熱繊維が使われている、ベースの前後に専用ピンが付いているので髪の毛がなくてもしっかり固定できる、といった特色があります。医療用とはいえ女性が使うものですから、もちろんファッション性にも配慮がおかれていますが、医療用ウィッグを専門に扱うお店にはさまざまなデザインのウィッグが多数用意されています。女性用ばかりでなく男性用も用意されています。抗がん剤の副作用で大量に脱毛した髪の毛が、元通りに生え揃うまでには女性では1年以上かかるので、長いお付き合いとなるところから、医療用ウィッグを扱うお店の相談員によく相談した上で着用することをお勧めします。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.