医療かつらの毛髪は寄付できます

医療かつらは抗がん剤の治療により毛髪が抜けてしまった方、事故で頭部にけがをし部分的に抜けてしまった方、先天的な病気で髪の毛を失った方に使用されているかつらです。主に女性や子どもに使用されています。一般的なかつらに比べ価格は高いです。その理由として、頭皮に直接あたるので皮膚にやさしい素材にしているということ、脱毛している方に使用するためずれないような加工をすること、などがあげられます。

医療かつらの髪質は3つにわけられます。人工毛、人毛、ミックス毛です。それぞれに短所や長所があります。一番自然な感じになるのは人毛です。

人毛は他の方の毛を用いているのでつややかな光沢はありません。手で触った感じも自分の毛のような感覚です。他の物と比べ、少し高めですが人気があります。また、100%人毛でつくられた医療かつらを無料で提供しているところもあります。

この人毛は世界各国から集められた毛を化学的に処理をし、加工しています。大部分は寄付されたものです。人毛を寄付することをヘアドネーションと言い、ヘアドネーションは年齢や性別は関係ありません。長ければ長いほど良いのですがどのような髪の毛も受け付けています。

ですが、日本にはまだ1つの団体しかありません。ロングヘアでイメージチェンジをする際、切った髪の毛がもったいない、と感じたら美容院に相談すると良いでしょう。毛髪寄付にはいろいろな決まりごとがあるので、事前に問い合わせるとスムーズに行う事ができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.