副作用による脱毛の強い味方医療かつら

女性のがん患者の悩みとして上位にあがるのが、放射線治療や抗がん剤による頭髪の脱毛です。治療が終了したら生えてくると理解していても、なかなか受け入れられることではありません。バンダナを巻いたり、帽子をかぶったりする人は多いようですが、治療が長期にわたる場合や生えそろうまでの間、医療かつらを利用する人が増えています。女性にとって頭髪の脱毛は大変憂鬱なことです。

医療かつらをかぶることによって不安を取り除き、前向きで明るい生活を送る手助けとなります。医療かつらの材質には、人毛、人工毛、ミックス毛(人毛と人工毛が混じっているもの)があり、価格もさまざまです。人毛は耐久性が高く、パーマやヘアカラーも可能ですが、洗うことによってセットが崩れてしまうので手間がかかるというデメリットがあります。人工毛は合成繊維で出来ており、ヘアスタイルを維持しやすいという特徴がありますが、熱に弱く縮れやすいためロングヘアには向きません。

医療かつらには、分け目が自然に見えるよう配慮された人工皮膚がついたものもあります。フルオーダーでつくる場合は、ヘアスタイルや髪色、サイズなどフィットするものを要望通りに作ることができますが、予算も多くかかります。セミオーダーは、ほぼ出来上がっているかつらを希望のヘアスタイルにカット、サイズの調整をしてもらえ、価格的にも安く抑えられます。扱いやすさや耐久性、予算を考慮して、自分にピッタリな医療かつらを選びましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.