医療かつらを利用して気持ちを前向きに

医療かつらというと、あまりなじみのないものかもしれませんが、一般的には化学療法や放射線治療で頭髪が抜けた時に被るためのかつらを言います。一般的なかつらがおしゃれのためのものであるのに比べ、医療かつらは治療による脱毛に対して心のケアという意味合いが強いです。化学療法を行うときに、特に女性が気にされる副作用が脱毛です。このことで、外出するのが億劫になったり人付き合いを避けてしまうことにもつながります。

また、脱毛を気にすることで治療を躊躇してしまう方も多く、治療上の不利益にもなります。これを解決してくれるのが医療かつらです。医療かつらは、ほとんどの場合セミオーダーかオーダーメイドで使用感が自然なものが多いです。ピンなどを使わなくても固定できるように、シリコンが使用されていたり、色も自然なものが多く以前のものよりもずっと性能がよくなっているためかつらとはわかりにくくなっています。

また、治療に伴って変化する頭髪の状態に対応できるようになっていることや、CTやMRIの検査の時にも外さなくて済む配慮がされていることも特徴です。化学療法などの治療が始まると、気持ち的にも体力の面からも、医療用かつらにまでなかなか対応できなくなることが多いことと、オーダーメイドなので作成に時間がかかる場合があることを考慮して治療前から作成しておくこともおすすめです。気になっていることが解決することで治療に前向きになることが出来ます。亀頭増大のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.