自毛植毛を利用すれば髪の毛を発毛することができる

髪の毛の発毛に必要な対策を行っても満足な発毛が出来ない時には、専門的な発毛を利用して髪の毛の増毛を目指さなくてはなりません。そのための手段として提供されているのが、自分自身の髪の毛を抜け毛が進行している場所に移植する自毛植毛という手段なのです。自毛植毛に必要な髪の毛は、自信の頭部から採取することになるので移植するときにはそれだけの髪の毛が頭皮に残っていることが前提になることを念頭に置いておかなくてはいけません。また、自毛植毛は男性型脱毛症という男性ホルモンを原因として薄毛の症状に効果的な手術なので、それ以外の薄毛の症状に対してはそれほど大きな効果を期待できないことも知っておきましょう。

基本的に、男性型脱毛症以外の脱毛症の場合には自毛植毛の許可がおりないことが普通なので、相談したとしても別の対策を提案されます。実際にドナーを採取する際には、頭皮の状況を見極めてメスを利用するか機械を利用するかのどちらかに分けられます。患者の薄毛が進行している状態では、頭皮の状態が固くなっていることも十分に考えられますので、まずは頭皮の環境がどのようになっているのかを診断してもらってからどちらの手段を使うのかを検討する必要があります。特に、自毛植毛の場合にはかなりのドナーが必要になりますので、メスやパンチを使って採取するときには若干出血することも考慮しなくてはいけません。

手術に成功すれば、二度と薄毛に悩まされることもなくなるのでメリットは非常に大きいといえます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.